よくあるご質問

グループ授業の人数は?

特に制限は設けていませんが、広い教室で現在机数24です。少人数の方が良いと思われている傾向も一部あるようですが、少人数であれば経験の浅い講師でも指導できる。という経営上のことに過ぎません。
「何人か?」より「誰が教えるのか」が重要なのです。

Back To Top

無学年進級式授業とは?

同じ年齢だから同じ学年で勉強する。それが現在の義務教育です。子供の成長にはそれぞれ差があり、ゆっくりな子供は「劣等感」を持ったまま成長し続けることになりがちです。でも、成長に合わせた学年内容であれば、なにも無理することなくスポンジが水を吸収するように自然な学習ができます。成長の早い子供が優秀とされているだけに過ぎません。
適した時期に適した内容の授業。年齢も学年も関係なく子供本人の為の授業。内容は全て塾長が考えます。是非お任せください。(保護者様との十分な相談の上行われます。誰でも受講できるものではありません。)

Back To Top

卒業旅行の有名テーマパークって?

東京ディズニーランドのことです。新聞折込の決まりだそうで、直接の名前使用が不可とのことで、このような表記になってしまいました。
毎年、小学(受験コース)・中学の卒業生には卒業祝いとして、講師引率のもと日帰りで行っています。良い思い出となるようです。

Back To Top

兄弟割引は?

H27年3月からは、下の学年のお子様が授業料半額となります。(原則としてグループ授業のみ)

Back To Top

個別指導では、ひとりの先生に対して生徒は何人まで指導するのでしょう?

少ない時は1人、多くて3人までの指導となります。授業中、講師は数人の生徒を指導しますが、指導する時はマンツーマンとなりゆっくり丁寧に指導します。指導を受けている時間と、生徒ひとりで問題に取り組む時間、この繰返しで自ら考えていく力も養います。

Back To Top

定期テストの対策などはありますか?

試験前の土曜日・日曜日を利用し、約10時間の補習を行っています(5教科)。
その他にも、試験一週間前からは、学校のワークを完璧に仕上げる「ワークコンプリート祭り」も行っており、学校が終わったらすぐに来て、試験勉強に取り組みます。

Back To Top